アモバン歴が長い私の決意!今日を機にルネスタと交代

これからの睡眠薬

睡眠障害やうつ病の方に大変多くの方に使用されてました「アモバン」と言う睡眠薬ですが、2016年10月14日から薬事法が変わり、有効成分ゾピクロンを含むい医薬品が輸入禁止となった事で大変、残念なお気持ちの方多くいらしゃるのではないでしょうか。
アモバンがなぜこんなにも愛されたかは、アモバンの有効成分ゾピクロンが、睡眠障害やうつ病、心身の不安、緊張の障害がある症状を服用後30分の短時間で効果かあり他に麻酔の際の補助薬として医療機関等で多く使用さている安全なお薬となります。
又、副作用が少ないのが使用率が高い理由の一つだと思います。

では、アモバンの代わりになる睡眠薬はあるのでしょうか。全く同じお薬は難しですが、有効成分ゾピクロンの効果が得られるお薬は有効成分エスゾピクロンの「ルネスタ」という睡眠薬がよいかと思います。
こちらの医薬品もと短時間で効果があり、緊張や不安、睡眠障害、うつ病の症状に効果があります。
ルネスタの特徴は主に寝つきの悪いく悩んでいるかに適しております。服用後身体に浸透しやすく、30後には眠りにつき、約五時間ぐらいになりますと効果が切れます。
ですので、朝の目覚めは身体にのダルさやふらつきといった事はないので、お仕事や生活の影響はありません。
ルネスタの服用する際に苦味があるのが難点ですが副作用は少ないのが良いと評価されています。
副作用は少ないがアレルギー、持病を持っていたのに医師に相談せずに服用したため、ほてり、めまい、嘔吐等の症状が出たという方がいます。必ず、医師の指示にしたがって服用してください。
又、アルコールを飲んでからの服用は効果が現れない事や副作用の原因となります。

睡眠障害は仕事や家庭の等のストレスが大きなり、悩みでなかなか寝付けない、熟睡できない方が年々多くなって来ています。
皆さんは最終手段でお薬に頼りますが、必ず服用する前に寝付けない原因とお薬の事を知る事が大事です。